ドラマ

ドラマ「銭ゲバ」を無料で見よう!〜松山ケンイチさん圧巻の演技〜

出典 : amazon.co.jp

ドラマ「銭ゲバ」は日本テレビ系列で2009年に放映されました。
話数は全9話です。

原作は、ジョージ秋山さん作のコミックス「銭ゲバ」です。
1970年頃に連載されていた作品です。
ドラマでは時代背景などをうまく現代風にアレンジしつつも、ストーリーは原作を踏襲しています。
銭ゲバとは「銭」+「ゲバルト」→「銭の暴力」というような意味あいですね。

その内容の苛烈さから、放映当時は少なからず物議を醸していました。
私も当時は「映画ならまだしも、これをテレビで放送できるなんて凄すぎる…」と思ったものです。

くしくも、2009年のお正月は「年越し派遣村」が話題となりましたが、お正月終わって始まったドラマ「銭ゲバ」の冒頭のシーンで派遣切りが描かれていますからね…

スポンサーも問題視したのか、話数が進むにつれてどんどん減っていき、最後は1社だけになってしまったのを覚えています(0社だったかも…)。
スポンサーがどんどん減っていくドラマなんて、後にも先にも「銭ゲバ」以外、私は知りません。

ドラマ「銭ゲバ」のあらすじ

「銭ゲバ」の画像検索結果

非常に貧しい家で育った主人公「蒲郡風太郎(がまごおりふうたろう)」の物語。

父親は日常的に家族に暴力を振るうろくでなしで、風太郎が心の拠り所としている母親は病気がち。
お金がなく、薬も買えなかったため、母親を幼くして無くした風太郎は
小学生の時点で「この世は銭が全て」だと思い込むようになった。

その後、成長した風太郎は、造船会社「三國造船」で派遣労働者として単純作業に従事。
派遣先の造船会社の社長の娘「三國緑」が、偶然にも小学校の同級生だったことを知る。
「三国緑を利用して、三國造船を手に入れる。」
こう決心した風太郎は三国緑に近づくきっかけを作るため、三国緑が運転する車にわざとぶつかって…

「金のためならなんでもするズラ…」
と豪語する通り、お金のためならいかなる手段も(殺人でさえ)ためらわない
蒲郡風太郎の生き様。
人生をかけたお金との戦いはまさに圧巻の一言。

ドラマ「銭ゲバ」の見どころ

関連画像
まず第一に、蒲郡風太郎を演じる主演、松山ケンイチさんの演技力の凄まじさ。
剛柔使い分け、苛烈な環境で育った蒲郡風太郎の感情を最大限に引き出しています。
物語を見始めてすぐに、主人公に感情移入してしまうでしょう。

私は普段、ドラマや映画を見て泣くことなどほとんどないのですが
蒲郡風太郎がふとした瞬間に見せる素の表情や本音を語るシーンで
度々泣かされてしまいました。

特に最終話は、原作では描かれなかった驚くべき内容となっています。
涙なしに、最終話を見ることはできませんね…
もしドラマ「銭ゲバ」を見はじめたら、必ず最終話まで見て欲しいですね。

今をときめく売れっ子俳優の田中圭さんも出演していますよ。
田中圭さんの2009年当時の演技、見たいですよね!

素晴らしいドラマには、やはり素晴らしいサウンドがつきものです。
「銭ゲバ」のメインテーマも、蒲郡風太郎によく合うテイストになっています。
基本的に物悲しいメロディラインですが、ただ物悲しいだけでもなく、蒲郡風太郎の決意のようなものも、私はメインテーマから感じました。

ドラマ「銭ゲバ」を無料で見よう!

ドラマ「銭ゲバ」を無料で観る方法をご紹介します。

Huluという動画配信サービスをご存知ですか?月額933円(税抜)のサービスです。
Huluは月額933円(税抜)以外に、追加料金が一切かからないため、安心して加入することができるんです。

さらに、Huluは初回登録であれば、最初の2週間は無料で利用できるんです!

Huluに加入すると、約50,000作品の映画、ドラマ、アニメ等を無制限に見ることができます。Huluの見放題作品の中にドラマ「銭ゲバ」が全話含まれていますよ。

スマホ・タブレット・PC・テレビ・PS4で動画を見ることができますよ。

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中