海外ドラマ

ウェントワース女子刑務所 シーズン2,第11話のあらすじと解説

ここでは、ウェントワース女子刑務所シーズン2、第11話のあらすじと解説を掲載しています。
シーズン1のあらすじをご覧になってない方は、こちらからどうぞ。

ウェントワース女子刑務所 シーズン1,第1話のあらすじと解説ビーは護送車でウェントワース女子刑務所に運ばれる。 刑務所に到着したビーは、記録用の写真を撮られ、刑務官のウィルと事務的な話をするが、家に残してきた娘・デビーのことが心配で心配でたまらなくなり、「娘に会わせろ」と暴れ出してしまう。...

ウエントワース女子刑務所のあらすじ一覧はこちら

シーズン2,第11話「闇に消える」あらすじと解説

フレッチは新入りのケリーからファーガソンの情報を聞き出そうとする

フレッチは男子刑務所に移動することになったため、ウェントワースには今日が最後の出勤日となる。

フレッチは、ケリーの入所手続きをする。
ケリーは知的障害があるという。
ケリーは署名をした後、偶然通りがかったファーガソン看守長を見てびっくりした顔をして固まる。


フレッチはこれに気がつく。
フレッチ「ファーガソンと面識があるのか?」
ケリー「知らないわ。」

フレッチはケリーとファーガソンが20年前に同じ刑務所にいた事実を調べ上げる。
その時のことを何度もケリー尋ねるが、ケリーは何も答えない。

フレッチは職員会議の場で、ファーガソンに疑いをかける。
フレッチ「ケリーは看守長を見て明らかに怯えていた。2人は20年前に同じ刑務所にいたんだ。」
ファーガソン「看守とは全ての囚人の脅威になるべき存在よ。」
ファーガソンはかわす。

だが、会議の後ファーガソン看守長はケリーを隔離房に移すことにした。

ビーはフランキーにボスの座を奪うと宣言する

朝食の時間。ビーはフランキーに呼ばれる。
フランキー「ブーマーを挑発しただろ。バレないと思ったのか?」
ビー「ブーマーが襲って来たのよ。」
フランキー「リズを襲う計画を知ってたんだろ?邪魔する気なのか?」
ビー「いいえ。」
フランキー「ブーマーになんて言ったんだ?」
ビー「リズへの報復をやめないと痛めつけると言ったら、ブーマーはフランキーが許さないと言ったわ。」
ビー「それで、だからどうした?フランキーはもうすぐボスじゃなくなると言ってやったわ。」


フランキーは笑顔でビーを見返す。
ビー「電話を譲って欲しかっただけなのよ。本気で言ったわけじゃない。」

フランキーに「もうすぐボスじゃなくなる。」なんて冗談でも言えるわけがありません。
ビーは事実上の宣戦布告をしたのです。

ビーはリズに荷物を送る

ビーはトニを使ってリズに小包を送ることにした。
ビーはリズに電話をかけ、受け取ってもらうようにお願いする。
リズ「中身はなんなの?」
ビー「それは秘密だわ。私がいいというまで開けないでね。特別な物なの。受け取ってくれるわよね?」
リズ「受け取るけど、変なことに巻き込まないでね。」

フランキーはマキシンがビーのスパイだと見抜く

刑務作業の時間となる。
ビーとフランキーは睨み合いながら刑務作業をする。

ビーはマキシンに話しかける。
ビー「ナイフを…」
その瞬間、フランキーはビーを呼ぶ。
フランキー「ビー、話をしよう。」
フランキー「看守長に私を狙えと言われたのか?」
ビーは答えない。
フランキー「シモーヌだけど、薬物を渡したのは私じゃない。ファーガソン看守長だ。あいつが殺したんだ。理由はわからないが…」
ヴェラがビーを呼びにやって来た。
ヴェラ「ビー、看守長が呼んでるわ。」

ビーは看守長室へ。
ファーガソン「フランキーの用心棒のブーマーをうまく遠ざけたわね。それで、いつボスになるの?」
ビー「私には私の計画があります。」
ビーは立ち去る。
ファーガソン看守長はブーマーを隔離房から出すことにする。

ファーガソン看守長は、なかなか動かないビーに痺れを切らし、ブーマーを戻すことで事態を動かそうとしました。

ブーマーはすぐに戻って来て、刑務作業に加わる。
抱き合うフランキーとブーマー。
ブーマー「よお。ビー。」

刑務作業中、マキシンはビーに耳打ちをする
マキシン「ナイフは花壇に隠すわ。」

フランキーはマキシンがビーに耳打ちするのを目撃し、スカイにマキシンを見張るように指示する。

刑務作業の時間が終わり、自由時間となる。
ビーはすぐに花壇を調べるが、ナイフは見つからない。
すると、スカイがナイフをビーに見せびらかしているではないか。
ビーは逃げるスカイを追いかけ、角を曲がると、フランキーが待っていた。
スカイ「マキシンを見張ってたのさ。」
フランキー「ナイフがいるなら、私に頼めばよかったのに。」


偶然看守が通りかかったので、ビーはこの場をやり過ごすことができた。
フランキー「続きは昼食後だ。」

フランキーも伊達にボスをやっているわけではありません。
一瞬でマキシンを怪しいとにらみ、ビーの仲間だと見破りました。

武器を取られてしまったビーは焦る。
なんとかして武器を手に入れないと。
ビーは計画を思いつく。

フランキーはマキシンとすれ違う。
フランキー「もう薬は調達しない。」
マキシン「ええ、あの薬はどうせ効かなかったし。」
フランキー「私とビーの勝負に首を突っ込むな。もし邪魔したらお前の乳房を切り落とす。」
マキシン「あら、怖いわ。」
マキシンはその場を平然と立ち去る。

ビーはジェシカを利用してフレッチからカードキーを奪う

ジェシカは、フレッチに話しかける。
ジェシカ「寂しい?」
フレッチ「ああ、名残惜しい気分だよ。」
ジェシカ「離れたくない人が?私は、あなたがいないと心細いわ。」
ジェシカ「私にミントをくれない?」
フレッチはミントを渡す。
ジェシカ「シャワー室の掃除をしてるわ。」

フレッチはシャワー室へやってくる。
ジェシカは微笑む。
キスをするフレッチとジェシカ。
2人は激しく求め合う。
ビーは、2人が求め合っている隙にフレッチのカードキーを奪う。

ビーはフレッチのカードキーを使って、職員しか入れない郵便室に入る。
ビーは郵便室にあったカッターナイフとガムテープを手に入れる。

ジェシカはフレッチに「中に出して」とお願いする。
フレッチ「何を言ってる。そんなことできない。」
フレッチは我に帰り、ジェシカとの行為を途中で終わらせる。
ジェシカ「どうして?」

ジェシカがフレッチを誘惑して得たかった物は、子供ですね。

フレッチは戻ろうとするが、カードキーがないことに気がつく。
激しく狼狽するフレッチ。
フレッチはジェシカを問い詰める
フレッチ「俺をはめたな!カードキーを返せ!」
ジェシカ「まさか、持ってるわけないわ。」

フレッチは廊下に出て、カードキーでしか開かないドアの向こうの職員エリアを呆然と見つめる。


すると、なんとビーが職員エリアからカードキーを使って戻ってくるではないか。
フレッチ「何をした…」
ビー「あなたに聞く資格があるの?」
ビーはカードキーをフレッチに返す。

ビーとフランキーは決着をつける

ビーは雑誌をつなぎ合わせ、腰に装備する。
これでナイフからお腹を守ることができそうだ。

午後の刑務作業の時間となる。
睨み合うビーとフランキー。

ブーマーは監督の看守をうまく部屋から出す。

いよいよ2人の雌雄を決するする時がきた。
フランキーはビーから取り上げたナイフで
ビーは調達したカッターナイフで
それぞれ切りつけ合う。

ビーは額を切りつけられた後、フランキーにタックルをして、馬乗りになる。
上から何発も拳をフランキーにぶつける。
ブーマーはフランキーを助けようとするが、マキシンが止める。
ビーは馬乗りのままフランキーの首元にカッターナイフを突きつける。

ビー「勝負ありね。降伏する?」
フランキーはうなずく。
ビー「宣言しな。」
フランキー「勝者はビーだ。私の負けだ。」

ビーはフランキーから離れる。
そして… ビーは自分の両手首にカッターナイフで深く傷をつける。
目を見張る囚人達。
ブーマー「一体何を…」
だが、傷のわりに出血は少なそうだ。

ビーはこの日の朝、マージからもらった血が止まる薬を飲んでいます。

ビーは非常ボタンを押す。

ビーは医務室に運ばれるが、傷が深いため病院に運ばれることに。
ヴェラ「手錠はダメ。規則よ。」
ウィルがビーに付き添うことになった。

ビーは病院で手術を受け、成功する。
医者によると、血液凝固因子が多かったため、命拾いしたらしい。
ウィル「もう大丈夫だ。フランキーにやられたのか?」
ビーは答えない。
ウィル「とにかくもう大丈夫だ。」
ビー「喉が渇いた。レモネードが欲しいわ。」
ウィル「聞いてくる。」

ファーガソン看守長はフランキーの部屋を訪ねる。
フランキー「医務室で手当てを受けさせて。」
ファーガソン「あなたは軽症でしょ。自分が何をしたかわかってるの?刑務所の備品を使った殺人未遂よ。ビーが死ねば殺人ね。」
フランキー「私は喉元にカッターナイフを突きつけられ、殺されるかと思った。でも、ビーは自分で手首を切ったんだ。私は、やってないんだ。」
ファーガソン看守長は鋭い眼差しに。

ファーガソン看守長はウィルに電話をかける。
ファーガソン「今どこ?」
ウィル「病院の外です。」
ファーガソン「早く戻りなさい。怪我は自作自演よ。」
ウィルは慌ててビーの病室に戻るが、そこにビーの姿はない。

ビーは脱獄に成功する。

リズはビーから送られてきた小包が気になって仕方がない。
リズは小包を開けてしまう。
そこには拳銃が入っていた。

ビーは作戦通りやり遂げました。

フランキーとの対決を利用して、脱獄することができました。
フランキーに重症を負わされたら、脱獄できなくなるので、フランキーとの勝負にも勝つ必要があったわけですね。

リズに送った拳銃で一体何をするつもりなのか。
それは、言わずもがなですね。
ビーの目的は一貫してブレイデンへの復讐です。

次回はシーズン2の最終回です。
ビーとブレイデンの決着を見届けましょう。

ウェントワース女子刑務所 シーズン2,第12話のあらすじと解説ここでは、ウェントワース女子刑務所シーズン2、第12話のあらすじと解説を掲載しています。 シーズン1のあらすじをご覧になってない方は、...

ウエントワース女子刑務所を無料でイッキ見する方法

ウエントワース女子刑務所は、日本国内で利用できるVODサービスの中でHuluとFODで取り扱っています。

2019年9月現在
Huluではシーズン1〜シーズン6まで約70話
FODではシーズン1〜シーズン3までの約30話
が公開されています。

Huluの無料体験期間は2週間ですので、無料でシーズン6までイッキ見するとしたら、1日に5話見なくてはいけないことになります。
1話約45分ですので、1日約4時間くらい時間が取れる人はHuluの無料体験期間だけでイッキ見することが可能です。

海外ドラマバナー

ですが、そんなに時間を取れない人も多いと思います。

おすすめの方法は、FODの1ヶ月無料体験を利用してシーズン3まで見てから

FODプレミアム

Huluの2週間無料体験でシーズン4〜シーズン6までを見るというやり方です。

こうすれば、多いときで1日2時間くらいかければ無料でイッキ見することができますよ!

私は1話見ただけ完全にハマってしまい、Huluのみでイッキ見してしまいましたが…

あらすじを読んで興味を持たれた方は、ぜひ実際に視聴してみてはいかがでしょうか!