海外ドラマ

ウェントワース女子刑務所 シーズン2,第1話のあらすじと解説

ここでは、ウェントワース女子刑務所シーズン2、第1話のあらすじと解説を掲載しています。
シーズン1のあらすじをご覧になってない方は、こちらへどうぞ。

ウェントワース女子刑務所 シーズン1,第1話のあらすじと解説ビーは護送車でウェントワース女子刑務所に運ばれる。 刑務所に到着したビーは、記録用の写真を撮られ、刑務官のウィルと事務的な話をするが、家に残してきた娘・デビーのことが心配で心配でたまらなくなり、「娘に会わせろ」と暴れ出してしまう。...

ウエントワース女子刑務所のあらすじ一覧はこちら

シーズン2から登場する主な人物

ジョアン・ファーガソン



エリカの後任として任命された新しい看守長。
知力、体力とも抜群に優れ、飴と鞭を使い分けて部下や囚人達を巧みにコントロールする。
極度な潔癖主義・完璧主義者で、自分の思い通りに事がが進まないと気が済まず、そのためなら手段を選ばず、平気で他人を犠牲にする非情な人物。
その素性が明らかになるにつれ、囚人達は彼女を「モンスター」や「サイコ野郎」と呼ぶように。
過去のとある出来事にトラウマを抱えており、その要因となった看守のウィルに恨みがある。
ウエントワース女子刑務所シリーズの中で最強の悪役。

シーズン2,第1話「再出発」あらすじと解説

ジョアン・ファーガソン看守長が赴任

ビーがジャックスを刑務所内で殺した事件から3ヶ月後

エリカ看守長は刑務所内で殺人事件が起きた責任を取らされ、更迭される。
エリカの代わりに看守長を拝命したのはファーガソンだ。

ファーガソンは今までのどの看守長よりも囚人を厳しく管理するタイプの看守長だ。
部下の看守達には囚人と仲良くならないように指示する。

特に、刑務所内で薬物が流通することを決して許さない。
前に勤めていた刑務所からは薬物を一掃した実績を持つ。

ウエントワース女子刑務所では、エリカが始めた薬物からの構成プログラムを行なっていたが、刑務所から薬物がなくなればプログラムはいらないと言う理由でファーガソン看守長はプログラムを中止する。

ファーガソン看守長は赴任早々、薬物の密輸を見破り、囚人を1人隔離房送りにする。

ファーガソンを初めて見たフランキーは、「あんたは誰だ」とファーガソンに問いかける。
ファーガソン「私はファーガソン。看守長と呼んで。」

フランキーは薬物の密輸がバレた原因を探る

フランキーは薬物を隠した囚人と運んだ囚人のどちらかがヘマをしたからバレたのだと思い込み、2人を追求する。
2人は指示通りやったし、誰にも見られていないと主張する。

業を煮やしたフランキーは、ブーマーの部屋で2人に殴り合うように指示する。
フランキー「勝った方を部屋から出してやるよ。」
2人は仕方なく殴り合い、双方とも医務室送りに。

医務室の様子を見にきたファーガソン看守長。
2人とも当然ながら怪我をした原因を話そうとはしないが、薬物密輸事件の影響だと当たりをつける。

ファーガソン看守長はウェントワースの囚人のボスが誰なのかヴェラ副看守長に尋ねる。
ヴェラ「人望があったビーは隔離されているので、フランキーがボスになった。」
ファーガソン看守長はすぐにフランキーに会うことにした。

ファーガソン看守長は、囚人達をコントロールするためにフランキーの助けを借りたい、その代わりフランキーがボスの座を維持できるように協力すると提案する。
フランキー「断ったらどうする?」
ファーガソン看守長「他の人に頼むわ。」
フランキー「恋人のキムの勉強を見るようになったので、自分が勉強する時間が減ったから、調整して欲しい。」
ファーガソン看守長はこれを快諾し、一応は交渉成立となる。

フランキーの帰り際、ファーガソン看守長はフランキーがエリカに書いていたラブレター数通をフランキーに返す。
フランキー「中を読んでないだろうね。」
フランキーは今回の看守長はなかなかと手強いと痛感する。

ジャックス殺害事件が発生してから、エリカ看守長は出勤できなくなりました。
エリカに会えなくなったフランキーはラブレターを刑務所からエリカの自宅に送るよう頼んでいましたが、許可されず、看守長室に保管されていたのです。

結局、薬物のことをファーガソン看守長に密告したのは看守のリンダでした。
彼女は囚人に買収されていたにもかかわらず、新しい看守長に恩を売るため薬物のことを密告したのです。

ファーガソン看守長に反撃を試みるフランキー

自室に戻ったフランキーをブーマーが出迎える。
ブーマーはフランキーの機嫌が良くないので、これでも見なよと携帯電話を渡す。
ブーマー「囚人2人が乱闘しているところを撮影したんだ。これでも見て元気だしな。」

フランキーは、ファーガソン看守長の管理の不備を知らしめるため、乱闘の映像をマスコミに渡すことを思いつく。

ファーガソン看守長のところに早速記者が映像を持ってやってきた。
記者「ここの囚人服を着た囚人が喧嘩しています。これは問題では。」
ファーガソン看守長「囚人服なんてどこでも買える。これはフェイクよ。」


記者「番組で取り上げます。」
ファーガソン「だったらあなたを出入り禁止にするわ。刑務所の情報は他局の記者だけに渡す。」
記者「放送を取りやめたら?」
ファーガソン「情報はあなたに優先的に渡すわ。」

こうして、ファーガソン看守長はフランキーの攻撃を簡単にかわして見せる。
ファーガソン看守長はフランキーが故意に情報をマスコミに流したと察する。

正気を失っているビー

ビーは夢の中で、自宅でデビーと楽しそうに過ごしている。
デビーに買ってあげた洋服を着るように促す。
その時、家に誰かが訪ねてきた。
デビー「彼かもしれないわ。」
ビー「ドアを開けないで、私のそばにいてね。」

隔離房で夢を見ているビーをファーガソン看守長は眺めている。

ビーは刑務所に入るきっかけとなった夫への殺人未遂事件は不起訴となりましたが、ジャックス殺害の罪で懲役12年の刑を受けました。

ジャックス殺害後、精神を病んだビーは隔離房で鎮静剤を飲んでデビーの夢を見るだけの生活を送っています。

ファーガソン看守長はビーを隔離房から出すことにする。

フランキーに早々に裏切られたファーガソン看守長は、フランキーに見切りをつけ、人望があると報告があったビーに目をかけることにしたのです。

フランキーに反撃するファーガソン看守長

ビーはもともと入っていたH棟に戻された。
ジャックスの幻を見るビー。

ビーは鎮静剤を求めるが、ファーガソン看守長の決定により一切与えられない。
急に断薬させられるビーのことを心配するウィル。

リズとドリーンは一般房に帰ってきたビーを手厚く歓迎する。
2人はいろんな話をビーに聞かせるが、薬が切れてぼんやりしているビーの頭には入らない。

ファーガソン看守長はウィルとフレッチにフランキーがいるH2棟全体のガサ入れを指示。
乱闘の映像を撮影して、送信したと思われる携帯電話を探すためだ。
しかし、ガサ入れを予見していたフランキーは携帯電話を既に棟の外に隠していたため、見つからずにやり過ごす。

翌日、ファーガソン看守長はフランキーに話しかける
ファーガソン看守長「映像は出ないわよ。」
フランキー「なんの話かわからないな。」
ファーガソン看守長「協力し合えると思ったのに残念だわ。もうあなたの代わりを見つけたわ。」
ファーガソン看守長はちらっとビーを見る。
ファーガソン看守長「トップでい続けるのは大変。あとは落ちるだけね。ジャックスの二の舞になるかもね。」
フランキー「私に脅しは効かない。」
ファーガソン看守長「私にもよ。強い女を演じていても、手紙では恋する乙女ね。」

当然ですが、やはりファーガソン看守長はフランキーの手紙を見ていました。

フランキーはビーをライバルとして意識せざるを得なくなりました。

フランキーはブーマーに指示を出し、ビーを痛めつける。
フランキー「ここのボスは誰?言いなさい。」
ビー「あなたよ。あなただわ。」
フランキー「悪かった。だが必要なことだったんだ。」

フランキーは他の囚人が見ているところで、ビーにボスはフランキーだと認めさせ、安心しようとしました。

とりあえず満足したフランキーは、キムとsexをする。

立ち直るビー

ビーは断薬されているせいでデビーと会えないのが辛くてたまらず、暴れ出す。
見かねたウィルは、ビーを医務室に連れ出す。

医務室でも激しく暴れるビー。
ウィルはファーガソン看守長に急な断薬は良くないと訴えるが、ファーガソン看守長は辛いのは最初だけだと受け流す。

刑務作業の時間となり、フランキーはジャックスの真似をしながらアイロンをプレスする。

囚人のボスの刑務作業はアイロンプレスと決まっています。

そこへビーがやって来る。
ビー「鎮静剤を調達して欲しい。すぐにお願い。」
フランキー「わかったけど貸しだよ。」
フランキーはリンダを買収し、鎮静剤を調達する。

鎮静剤を受けとったビーは、その一部を使って夢の中のデビーに会いに行く。

ビーはデビーにお別れを言う。
ビー「もうここにはいられない。戻らないと。」
その時、ビー親子の家にブレイデンがやってくる。
デビー「彼がきたわ。ママも会う?」
ビー「会うわ。もう泣かないで。私には目標ができたの。やっとわかったんだ。」
ビーは玄関の扉を開け、ブレイデンと対面する。
ビー「ブレイデンを殺すわ。」

ビーは目を覚まし、残りの鎮静剤をトイレに流す。

ビーは娘の真の仇であるブレイデンを殺すという明確な目標を持つことで、心を強く保つことができるようになりました。

ウェントワース女子刑務所 シーズン2,第1話のあらすじと解説ここでは、ウェントワース女子刑務所シーズン2、第1話のあらすじと解説を掲載しています。 シーズン1のあらすじをご覧になってない方は、こ...

ウエントワース女子刑務所を無料でイッキ見する方法

ウエントワース女子刑務所は、日本国内で利用できるVODサービスの中でHuluとFODで取り扱っています。

2019年9月現在
Huluではシーズン1〜シーズン6まで約70話
FODではシーズン1〜シーズン3までの約30話
が公開されています。

Huluの無料体験期間は2週間ですので、無料でシーズン6までイッキ見するとしたら、1日に5話見なくてはいけないことになります。
1話約45分ですので、1日約4時間くらい時間が取れる人はHuluの無料体験期間だけでイッキ見することが可能です。

海外ドラマバナー

ですが、そんなに時間を取れない人も多いと思います。

おすすめの方法は、FODの1ヶ月無料体験を利用してシーズン3まで見てから

FODプレミアム

Huluの2週間無料体験でシーズン4〜シーズン6までを見るというやり方です。

こうすれば、多いときで1日2時間くらいかければ無料でイッキ見することができますよ!

私は1話見ただけ完全にハマってしまい、Huluのみでイッキ見してしまいましたが…

あらすじを読んで興味を持たれた方は、ぜひ実際に視聴してみてはいかがでしょうか!