海外ドラマ

ウェントワース女子刑務所 シーズン1,第3話のあらすじと解説

ここでは、ウェントワース女子刑務所シーズン1の第3話のあらすじと解説を掲載しています。
第2話のあらすじをご覧になってない方は、こちらへどうぞ。

ウェントワース女子刑務所 シーズン1,第2話のあらすじと解説ここでは、ウェントワース女子刑務所シーズン1の第2話のあらすじと解説を掲載しています。 第1話のあらすじをご覧になってない方は、こちら...

 

ウエントワース女子刑務所のあらすじ一覧はこちら

 

シーズン1,第3話から登場する人物

シーズン1の第3話から活躍する登場人物を紹介します。

フランキーの父親

フランキーが幼い頃、フランキーの父親はフランキーを置いて家を出た。
そのことを悔いていて、なんとかフランキーの力になろうとする。
刑務所にいるフランキーに何通も手紙を書いているが、フランキーは1度も読もうとしない。

ブレイデン・ホルト

刑務所に初めて面会に来たデビーに優しく声をかける。
これがきっかけで急速にデビーと仲良くなるが…

シーズン1,第3話「待つ少女」のあらすじと解説

フランキーとジャックスの抗争が本格的に始まる

フランキーはランニングマシンで汗を流しながら、自身が起こした事件を思い出していた。

フランキーはテレビの料理番組に出演した際に、番組を盛り上げたい司会者から料理が下手なのを散々になじられる。
「まずい料理ばかりで吐き気がする。」
「身の丈にあった食材を使え!例えば、卵だ。フランキー、卵って言ってみて。」

フランキーは激昂し、司会者を殴り倒し熱々の油をぶちまけてやった。

料理が得意ではないフランキーがなぜ料理番組に出演したのかは不思議ですが、作中では明らかにされていません。

ビーはジャックスに娘と会う日を話してしまう

仕事の時間となり、ドリーンはミシン作業をしていたが、どうもミシンの調子が良くない。
ビーはミシンが得意なので、ドリーンのミシンを直そうとするが、ビーはミシンの担当ではないため、ジャックスが注意しにビーの方にやって来る。

刑務作業は誰が何を担当するかきっちり決まっていて、簡単に交代することはできません。

ウエントワース女子刑務所では、ボスが刑務作業の割り当てをすることが慣例となっています。

ちなみに、ボスの刑務作業はスチームアイロンをプレスする仕事と決まっています。

ジャックス「娘はどうしている。面会に全然来ないね。」
ビー「娘とは明日会うわ。」
ジャックス「特別にプレス機を使わせてあげようか?」
ビー「いいえ、使わなくて大丈夫です。」
ジャックス「仕事の割り当ては私が決めるから、勝手なことをしないで。」

ビーとデビーの電話のシーンは作中で表現されませんでしたが、電話で面会の約束をしたようですね。

また、ビーがデビーと会う日をジャックスに話したことが、後の展開の伏線になりますので、覚えておきましょう。

フランキーは父親と会うのを拒絶

フランキーは看守長に呼ばれて、看守長室に入る。
看守長のエリカと話ができるのでフランキーは上機嫌だ。
エリカはフランキーの父親についての話がしたいという。
フランキーはすぐに不機嫌になる。
エリカはフランキーに父親からの手紙を読むように進めるが、フランキーは拒絶する。

自由時間となり、フランキーはバスケットボールを楽しむ。
「私と勝負する?」とジャックスを挑発するが、ジャックスは乗ってこない。
ジャックスは取り巻きの2人に指示し、フランキーとバスケットボールをさせる。

看守長のエリカは、その様子を眺めている。
世話係のリズに、「あの二人の関係はどうなっているの。」と尋ねる。
リズ「常に一触即発です。どちらかが出所しない限り、死人が出るかもですね。」

エリカは隔離棟の監視を強化する

エリカは、ドラッグ中毒のトニーの様子を隔離棟まで見に行く。
すると、トニーはパンをわざと喉に詰まらせて自殺をしようとする。
エリカは大声をあげ、フレッチが駆けつける。
フレッチ「大丈夫。よくあることです。」

隔離棟の状態が好ましくないと感じたエリカは、監視体制を変えることを提案する。
各職員の勤務体制を調整して、隔離棟の管理を強化しようと言うのだが、要は職員の勤務時間を伸ばして管理を強化するだけのことだ。
当然職員は全員反発するが、看守長の命令なので受け入れるしかなかった。

デビーとブレイデンが出会う

デビーは母親と面会するために、刑務所にやってきた。
初めてなので勝手がわからないデビーだったが、声をかけてきたブレイデンに助けられ、スムーズに手続きをすることができた。

面会に訪れた人には麻薬犬による検査が義務づけられている。
デビーも検査を受けたが、なんと検査に引っかかってしまった。
麻薬犬が大麻の匂いに反応したのだ。

デビーは葉っぱ(大麻)を時々楽しむことがあります。

看守長に再び呼び出されたフランキー
フランキーの父親がフランキーと面会しにきているという。
父親は早朝からきているが、会うか会わないかはフランキーが決めればいいという。
フランキーは父親と会うことにした。

フランキーは父親と面会する。
父親はフランキーを残して家を出たことを謝罪するが、フランキーは受け入れない。
フランキーは涙ながらに父親を責め続け、面会は終了する。

フランキーの母親は、いわゆる毒親で酒やドラッグでハイになるとフランキーを虐待していました。
それを知っていながら、父親は母親との折り合いが悪いと言う理由で家を出たのです。

フランキーが父親を憎むのも仕方がありませんね。

デビーとビーが面会を果たす

職員による検査を受け、ドラッグの持込が確認されなかったデビーとビーはついに面会を果たす。


久しぶりに親子の会話を楽しむ2人。
デビーは父親に内緒でビーとの面会に来ていたが、薬物検査にひかかったことで父親にも連絡が行くと言う。
父親に怒られることを心配したデビーは、ビーに助けを求める。
ビーは、電話で父親に話を通して置くと約束する。

急いで電話をかけたいビーは、ジャックスのとりまきの囚人に「何でもするから電話を代わって。」と頼み、電話をかけさせてもらう。

エリカはトニーを一般房に戻す

看守長エリカはトニーを隔離棟から出すことにした。
その際、トニーに薬の出所を言うように促す。
トニー「薬は刑務所職員からもらった。」
エリカ「職員に濡れ衣を着せるのは良くないわ。もう一度答えて。」
トニー「薬は拾ったんだ。」
エリカ「それなら納得できるわ。」

エリカは薬の出所となった職員を把握していますが、もみ消すためにトニーの口を封じたのです

ジャックスはビーを明白に脅す

電話をかけ終わったビーは、自分の棟に戻ろうとするが、ジャックスに呼び止められる。
ビーは適当にあしらって戻ろうとするが、ジャックスのセリフに耳を疑う。
ジャックス「あなたの娘の家はクロムウェル通りよね。学校の前で轢き逃げにあった子供がいたわよね。あれは悲劇だったわ。」
「フランキーの教育をお願いね。」

ジャックスはビーに明白な脅しをしました。

住所がなぜわかったのか不思議ですが、後のストーリーで明らかとなります。

ジャックスがついに行動に出る

刑務作業の時間となった。
ジャックスはついに行動を開始する。
取り巻きにフランキーを拘束させ、フランキーの手をスチームアイロンでプレスしようとする。
さらに、それをビーにやらせようとする。

ビーはジャックスの圧力にたじろぎ、プレス機に手をかけるまではするが、プレスすることはためらう。
ジャックスはビーの手の上からプレスし、フランキーの手を焼いた。

フランキーは治療を終え、H2棟に戻ってくる。
ビーはすぐに謝罪し、娘のことで脅されたからだと理由を言うが、フランキーの怒りは収まらない。
フランキー「次に私を怒らせたら殺す。」

フランキーは自室に保管しておいた、幼い頃のフランキーと父が写った写真を破り捨てる。

ウェントワース女子刑務所 シーズン1,第4話のあらすじと解説ここでは、ウェントワース女子刑務所シーズン1の第4話のあらすじと解説を掲載しています。 第3話のあらすじをご覧になってない方は、こちら...

ウエントワース女子刑務所を無料でイッキ見する方法

ウエントワース女子刑務所は、日本国内で利用できるVODサービスの中でHuluとFODで取り扱っています。

2019年9月現在
Huluではシーズン1〜シーズン6まで約70話
FODではシーズン1〜シーズン3までの約30話
が公開されています。

Huluの無料体験期間は2週間ですので、無料でシーズン6までイッキ見するとしたら、1日に5話見なくてはいけないことになります。
1話約45分ですので、1日約4時間くらい時間が取れる人はHuluの無料体験期間だけでイッキ見することが可能です。

海外ドラマバナー

ですが、そんなに時間を取れない人も多いと思います。

おすすめの方法は、FODの1ヶ月無料体験を利用してシーズン3まで見てから

FODプレミアム

Huluの2週間無料体験でシーズン4〜シーズン6までを見るというやり方です。

こうすれば、多いときで1日2時間くらいかければ無料でイッキ見することができますよ!

私は1話見ただけ完全にハマってしまい、Huluのみでイッキ見してしまいましたが…

あらすじを読んで興味を持たれた方は、ぜひ実際に視聴してみてはいかがでしょうか!