映画

映画「女囚701号さそり」を無料で見よう!〜梶芽衣子さんの美しさ〜

出典 : amazon.co.jp

映画「女囚701号さそり」は、東映東京が製作し、1972年に上映されました。
この記事を書いているのが2019年なので、47年前の作品ですね。

「女囚701号さそり」がヒットしたため、女囚さそりはシリーズ化され、
「女囚さそり第41雑居房」
「女囚さそりけもの部屋」
「女囚さそり恨み節」
と4作品に渡り、上映されました。

今回紹介する「女囚701号さそり」はその第1作目です。

映画「女囚701号さそり」のあらすじ

松島ナミ(梶芽衣子)は刑事・杉見次雄(夏八木勲)と本気で愛し合っていると思っていた。
3年前のある日、ナミは杉見から「麻薬のおとり捜査に協力してほしい」と頼まれ、ヤクザが経営するナイトクラブに潜入する。
しかし、ヤクザはナミを警察の使いだとすぐに見抜く。
ヤクザたちは、ナミを拘束し次々に暴行する。
ナミへの暴行が終わった頃に、杉見が現れヤクザたちを逮捕する。

「麻薬取締法違反とおまけに婦女暴行だな。」
そう言い放った杉見は、暴行されたナミを心配する様子は全く無い。

ナミは、杉見の出世のための点数稼ぎに利用されただけだったのである。

愛情が深かった分、裏切られた時の恨みも深い。
ナミは、警察署で待ち伏せて杉見を刺そうとするが失敗し、逮捕されてしまった。

そして現在、ナミは刑務所から脱走を図る。
しかし、一緒に脱走したユキがもたついてしまったこともあり、捕まってしまった。

ナミの脱走未遂を知った杉見は、ナミが自分を殺すことを諦めていないと確信する。
杉見は、刑務所内の女に、仮釈放をちらつかせてナミの殺害を打診するが…

映画「女囚701号さそり」の見どころ

梶芽衣子さんの美しさ

「女囚701号さそり」を見て初めて梶芽衣子さんを知ったのですが、その美しさに息を飲みました。
特に、目力が印象的でした。目でしっかりと演技をしています。
現在のお姿が気になって検索してみたんですが、70代となってもその美しさはまだまだ健在のご様子です。

昭和ならではの大胆な演出

昭和の作品ということもあり、現在よりもかなり大胆に演出ができたんだなと感じました。
女性刑務所特有の性事情なども、しっかり描写されています。
男性刑務官からの暴力や、囚人同士の暴力などのシーンも多いですね。
好き嫌いはあると思いますが、見ごたえがあると思いますよ。

ラストシーンですが、現在ではこういう終わり方にはできないのでは…
スッキリする終わり方なのですが、この時代だったからできたんだろうなと思いました。

たまには、昭和時代の名作を見てみてはいかがでしょうか。
新たな発見があると思いますよ!

映画「女囚701号さそり」の無料で見よう!

映画「女囚701号さそり」を無料で観る方法をご紹介します。

Huluという動画配信サービスをご存知ですか?月額933円(税抜)のサービスです。
Huluは月額933円(税抜)以外に、追加料金が一切かからないため、安心して加入することができるんです。

さらに、Huluは初回登録であれば、最初の2週間は無料で利用できるんです!

Huluに加入すると、約50,000作品の映画、ドラマ、アニメ等を無制限に見ることができます。Huluの見放題作品の中に映画「女囚701号さそり」も含まれていますよ。

スマホ・タブレット・テレビ・PS4で動画を見ることができますよ。

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中