映画

かるたで全国大会を目指す映画「ちはやふる〜下の句〜」を無料視聴しよう!

出典:amazon.co.jp

映画「ちはやふる〜下の句〜」は、2016年に公開された東宝の映画です。
原作は青春マンガである末次由紀作「ちはやふる」(「BE・LOVE」連載/講談社)となっています。

↓いますぐに映画「ちはやふる〜下の句〜」を無料視聴するなら↓

hulu

「ちはやふる〜下の句〜」は、「ちはやふる〜上の句〜」の続きとなっています。
タイトルにある「ちはやふる」は百人一首の一句に由来しています。

上の句は2016年3月に、下の句は2016年の4月に二部作連続で公開されました。

映画「ちはやふる〜下の句〜」のあらすじ


主人公、綾瀬千早(あやせちはや・広瀬すず)、真島太一(ましまたいち・野村周平)、綿谷新(わたやあらた・真剣佑)の3人は、幼馴染でいつも一緒にかるたで遊んでいた。
新の祖父は、かるたの名人であったが、その祖父が倒れ、新は家族で故郷の福井に帰ることになり、離ればなれになってしまう。
千早は「かるたの全国大会で新に会い、強くなったと言われたい。」
そんな思いから、高校でかるた部を創り、団体戦で東京都大会で優勝を目指した。

千早たちは、全国大会に出場できることになるが、新が「もうかるたは辞める」と言いだす。それは、祖父が亡くなって、かるたをやる意味を見失ってしまったからだった。

そんな中、千早は同い年でかるた界のクイーン若宮詩暢(わかみやしのぶ・松岡茉優)の存在を知る。千早は「詩暢に勝てば、新とまたかるたができるかもしれない。」
そう思い、気持ちは5人で戦う団体戦よりも1人で戦う個人戦に傾き、次第にかるた部の仲間から離れていってしまう…

映画「ちはやふる〜下の句〜」の見どころ

エースである千早のかるたに対する熱い想い、仲間割れはするけれど、それでも強い絆がありチームワークを発揮し、全国大会に挑む姿、見ていて青春を感じました。

映画には、「ちはやふる〜」から始まる歌だけでなく、「もろともにあはれと思へ山桜 花より外に知る人もなし(山奥で独りでいる人が、一本しかない桜に向けて詠んだ歌で寂しさを表している)」など、その他にも登場人物の感情に合わせて歌が詠まれており、それぞれ和歌の意味を理解しながら見ていくとさらに「ちはやふる」が楽しめると思います。

映画「ちはやふる〜下の句〜」を無料で見よう!

映画「ちはやふる〜下の句〜」を無料で観る方法をご紹介します。

↓すぐに映画「ちはやふる〜下の句〜」を無料視聴するなら↓

hulu

Huluは初回登録であれば、最初の2週間は無料で見ることができます!

Huluという動画配信サービスは月額933円(税抜)です。
Huluは月額933円(税抜)以外に、追加料金が一切かからないため、安心して加入することができるんです。

Huluに加入すると、約50,000作品の映画、ドラマ、アニメ等を無制限に見ることができます。Huluの見放題作品の中に映画「ちはやふる〜下の句〜」も含まれていますよ。

Huluはパソコン・スマホ・タブレット・テレビ・PS4で動画を見ることができますよ。

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中