映画

学年ビリのギャルが慶應に合格する話 映画「ビリギャル」を無料視聴しよう!

出典:amazon.co.jp

映画「ビリギャル」は2015年に公開された東宝の映画です。

↓いますぐに映画「ビリギャル」を無料視聴するなら↓

hulu

2013年に発売された実話の小説「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」が原作です。
その題名のとおり、偏差値の低いギャルが勉強をして、慶應大学に合格する話になっていますが、家族・友人との関わりを通して、周りの人たちに支えられながら様々な障害を乗り越えていく姿から、見ていて勇気と希望をもらえる映画でした。

主演にはビリギャル・さやか役に有村佳純が、慶應大学合格に導く塾講師・坪田先生役に伊藤淳史が出演しています。
坪田先生との出会いが、さやかの人生を変えていきます。

成績が思うように伸びない時期があったり、他のみんなは遊んでいるのに自分だけが遊べない孤独感を感じながら、それでも先生の励ましや、母親の信頼から、諦めずに勉強し続ける姿に感動しました。

映画「ビリギャル」のあらすじ

物語は高2のとき「さやか」がタバコを吸ったことが学校にバレて、無期停学処分になることから始まります。
そのままエスカレーター式に進学できる予定だった大学に行けなくなり、母親の勧めから塾に通って別の大学を目指すことになりました。
塾では、志望校を決めることになるのですが、名前がカッコイイからを理由に、偏差値70の超難関の慶應大学を目指すことに。
しかし周りの友達には反対され、父親(田中哲司)からはクズ扱いされ、信頼してくれるのは母親(吉田羊)だけ…

一方父親は、娘の出来なさに呆れ、野球が上手な弟に過度な期待を寄せていました。
しかし、弟は父親の過度な期待に耐えれなくなり、それとは対照的に母親は優しく娘を見守り、慶應に合格すると信じているのでした…

映画「ビリギャル」の見どころ

この映画を見て、主人公の辛い時もめげずに頑張る姿に、勇気と希望をもらえました。
何度も主人公を応援したくなるようなシーンがありました。
そして、最後の合格発表のときは感動で涙を流しました。
娘をずっと信じていた母親の姿にも感動し、じんとくる映画でした。

疲れたり落ち込んだりしているときにこれを見ると、また明日から頑張ろうと思える映画ですよ。

映画「ビリギャル」を無料で見よう!

映画「ビリギャル」を無料で観る方法をご紹介します。

↓すぐに映画「ビリギャル」を無料視聴するなら↓

hulu

Huluは初回登録であれば、最初の2週間は無料で見ることができます!

Huluという動画配信サービスは月額933円(税抜)です。
Huluは月額933円(税抜)以外に、追加料金が一切かからないため、安心して加入することができるんです。

Huluに加入すると、約50,000作品の映画、ドラマ、アニメ等を無制限に見ることができます。Huluの見放題作品の中に映画「ビリギャル」も含まれていますよ。

Huluはパソコン・スマホ・タブレット・テレビ・PS4で動画を見ることができますよ。

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中